細い人参

現在健康ブームとなっていることから野菜を多くとる人が増えていますが、しかし一日の総摂取量を摂るのはむずかしいためドリンクで飲む人が多いのです。

そのドリンクにおいて必ず入っている野菜があり、それがにんじんです。

このにんじんが野菜ドリンクに入っている理由としてはドリンクに赤色と黄色の彩りを与える他にも、このにんじんには他の野菜の中でも特に栄養源に優れていることが理由と言えます。

まず緑黄色野菜特有の成分であるビタミンAとカロテンには、この成分を摂取すると体内外の皮膚や粘膜を保護して強化する力があるため風邪予防やアンチエイジングそして近年では癌予防にも効果があるとされています。

そしてビタミンB群に加えてカリウムも含まれており、このカリウムには体内に入った余分な塩分を外に出す力があるため高血圧予防に効果があります。

そしてにんじんを野菜ドリンクに入れる理由は栄養源の他にも甘みを与えるで飲みやすくするためであり、このにんじんの甘みの正体は2種類の糖分であるブドウ糖とショ糖と呼ばれる糖分です。

このショ糖は通常の糖分で摂取すると脳にわたり活動の助けとなり、このブドウ糖は大腸に吸収されると大腸の中にいる善玉菌の栄養源となり数を増やすことでカロテンの効果と相まってより免疫機能を向上させることができます。

そのため市販品の野菜ドリンクの中ににんじんが入っている理由ですが、このにんじんの栄養をより摂るには自家製で作ることが良いといえます。

その理由として市販品は味のバランスを考えて皮を取り除くことが多いのですが、この自家製の場合にはカロテンが含まれいる皮ごと使用するとより効果があるためお勧めです。

パプリカなど

嫌いな子供も多いにんじんですが、野菜の中でも豊富な栄養素で有名です。

ビタミンA、カロチン、カリウム、食物繊維は特に豊富で、健康的な毎日を送るためには欠かせない栄養素です。

皮膚や粘膜を正常に保つ効果が高いのがビタミンAです。
眼精疲労にも有効とされ、目を酷使する現代人には欠かせない栄養素です。
抗酸化作用、活性酸素の除去、抗ガン作用が期待できるのが、カロチンで、にんじんの中でも皮に多く含まれています。
効率よく摂取するには皮ごと調理するか、まるごとジューサーなどでドリンクにするのがおすすめです。
不要なナトリウムを体外に排出してくれるのが、カリウムです。
高血圧の予防改善に有効ですが、腎臓の機能が悪くなっている人は摂取を控えなければなりません。
整腸作用に有効なのが食物繊維です。
大腸がん予防効果も期待できます。

ポリフェノールが含まれている野菜はいくつかありますが、にんじんにもポリフェノールの一種アントシアニンが含まれています。
ブルーベリーやナスにも含まれている成分で、眼精疲労や花粉症、メタボリックシンドローム予防に効果があります。

緑黄色野菜の中でも嫌いな人が多いにんじんですので、調理を工夫するか、手作りのドリンクにするかなどして摂取しましょう。
お店でも野菜ドリンクは売っていますし、特ににんじんを多く使ったドリンクもありますので、いろいろ試して好みの味をみつけましょう。
新鮮なものは甘みもあって食べやすいものです。

カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
アーカイブ
カテゴリー
オススメリンク